「軍事技術は民生転用されるというメリットがある」には非効率で反論

先日、街頭演説をしていたら「軍事費にもっとお金を使う必要がある。日本は核武装すべきだ」とおっしゃる方がいらっしゃいました。「軍事にお金をかけ恐怖を高めていくより、お互い減らして平和技術振興などに使う得策ではないか?」とお話したら「科学技術の発展のためにも、軍事予算を増やすべきだ。軍事技術が民間で活用されることもある」とおっしゃられました。

 

核武装の話はもちろん、軍事技術の民生転用に関しても疑問に思います。ビジネスの世界で生きてきた私にとって、費用対効果というのは重要な観点です。簡単にいえばコスパ(コストパフォーマンス)のことで、ランチを食べるにしてももちろん高級店に行けば美味しいけれど、そんなにお金はないし、同じ800円をランチに使うにしても美味しい方がいい、要するに出すお金と得られるメリットとのバランスです。

 

費用対効果というと、お金の話ばかりという批判が出がちなんですが、お金の話だけで物事を決めるのがいけないのはその通りです。しかしながら、世界中の多くの国が財政難で苦しんでいる中、お金の話はやはり重要です。つまり、お金の話はきっちりとポイントとして押さえておき、その上であるべきことは何か?といった風に判断することが必要だと思います。

 

軍事力の話がいきなりランチになりましたが、軍事的な技術開発が民生利用に結びつくというのは、確かに間違いではないが費用対効果は非常に悪いということです。

GPSのような現代社会の日常に欠かせないツールも元々は軍事技術だった、という話はあります。確かにそうかもしれません。しかし、そもそも軍事技術はビジネスのような費用対効果を顧みず、莫大な予算をかけて技術を開発します。その際、民間への適応なんかは考えていません。ただ、その副産物として出てきたものが、民生技術に転用できることもある、という話なのです。

 

つまり、たまたま研究してきたことのおこぼれを活用するのが転用です。そんな遠回りなお金の使い方ではなく、同じ予算を使うにしても、現在の技術水準と将来の民生活用をまず第一に考え、どの分野にどのような投資を行ったらいいかを、最初からあたりを付けて予算を傾斜配分する方がはるかに費用対効果良く結果が得られることは明らかでしょう。

例えば、人を殺す生物兵器の研究のお蔭で病気を治す技術がたまたま開発されるより、IPS細胞を廉価で提供できるようにするにはどうするか?という観点に絞って投資を行う方が、同じ予算を使ってやるにしてもずっと効率的ではないでしょうか?ということです。

 

軍事支出を肯定するために民生転用のメリットを訴える話を聞いた時は、戦争の恐怖とともに、費用対効果で反論すればいいと思います。